温かいラーメンの決定版。

韓国の料理は辛くて食べにくいといわれていますが、それは厳密には誤りです。
正確にはやさしさのある辛さで包み込むというのが正解で、本場のキムチは辛さよりも、ジワリと温かみが来てそれで暖房効果を示すわけです。
今回紹介する農心辛ラーメンのその温かさが大きな強みでしょう。
皆様もご存知かもしれませんが、農心辛ラーメンは東日本大震災の時も大活躍しました。
ほとんどの商品が無くて品薄の際に、たくさんお店においてくれて他の商品が売り切れでもこれだけは仕入れていたのです。
それだけ需要があるわけで、冬場をこのラーメンで乗り切ったといっても過言ではありません。
通常で食べるだけでもあったまりますが、他の料理の材料にするのも適していて、キムチ鍋にしたり、タイ風料理のコラボレーションにも適切と言えるでしょう。
勿論ミニカップ麺も魅力的で、程よいからさですから、お弁当と一緒に食べるのはいかがでしょうか。
特筆すべきは、本場韓国のカップ麺よりも具が多いらしいそうです。
改良されるのは実にいいことですよね。