個人経営の飲食店のオーナーが原価率と粗利をアップさせる方法

飲食店の個人経営のオーナーは、チェーン店のオーナーとは違い、自分で全てを決めることができます。
その為、自分の行動や考え方によっていくらでも儲けを増やすことも可能ですし、大幅な赤字にしてしまう事もできます。
個人経営の飲食店のオーナーが最初に考えなければいけないのが原価率と粗利です。
原価率は売上に対する原価の比率を表した値で、粗利は売上から原価を引いた値になります。
つまり、いくらで売れたではなく、売り上げから全ての経費や材料費を引いた純粋な売り上げがいくらかが重要になってくるのです。

これらをクリアする方法として最も簡単なのは、仕入れ先を吟味することです。
1円でも安い仕入先を見つけることができれば、その分儲けが出るのです。
株式会社いずみホールディングスなどは、リーズナブルながらもクオリティが高く、安全性の高い生鮮食品を届けてもらう事ができます。
全国600を超える仕入先から直接仕入れておりますので、安定して質の高い生鮮食品を入手し続けることができるのです。