tokyoのapartmentに空室を抱えているのなら

賃貸物件に空室を抱えている家主さんも少なくはないと思います。
tokyoのapartmentを、外国人にまで間口を広げてみてはいかがでしょうか。
株式会社FLATは、多言語に通じているスタッフがお手伝いをしてくれます。
・母国の親や族)の連絡先の確保やパスポート番号と在留資格のコピーの提出を徹底しています。
万が一の滞納や破損の放置といった場合でも、母国への連絡で解決することがほとんどです。
外国の方々は、ユニットバスでも1Fでもこだわりません。
どちらかといえば、広さや日当たり、収納の多い物件に人気があります。
日本ならではの制度である敷金礼金の負担が少ないことを望んでいます。
また、日本語学校の入学時期は、1月・4月・7月・10月に設けていることが多いです。
アメリカや中国に合わせて、秋季入学や秋季採用するということが多くあります。
閑散期が少ないので、通年募集を行えます。
入居者は外国人ばかりではありません。
他の仲介会社を通じて、日本人からの問い合わせも大勢あります。
海外からのかたがたとの交流を積極的に望まれる方もいます。
そもそも、国や人種、宗教とったことにこだわらない人もいます。
tokyoのapartmentを有効活用されてください。